エルサレム:岩のドーム

お申し込み受付中の「巡礼の旅」

定例勉強会

スケジュールを調整しております。
準備が出来次第お知らせいたします。

お問い合せ

勉強会と巡礼の旅 お申込み・お問合せ

事務局
〒164-0003
東京都中野区東中野5-8-7-502
Tel&Fax 03-6908-6571(井上弘子)
携帯電話 090-6538-3255(井上弘子)
Tel&Fax 049-286-6291(瀬川眞佐子)

http://www.michi-no-kai.com

道の会フェイスブックページ

「道の会」フェイスブックページを開設しましたので、あわせてご利用ください。

聖母マリア、アシジの聖フランシスコ、聖パードレ・ピオ、フランシスコ教皇を訪ねる イタリア ゆっくり祈りの旅

ローマ・アシジ・ロレート・パードレ・ピオの巡礼地

2018年10月29日(月)〜 11月9日(金)【 12日間 】

同行司
ジョンソン・デソーザ神父(カプチン会・福岡教区 高宮教会主任司祭)
添乗・通訳
井上 弘子(道の会)日程 日程
申込み締切日
2018年8月31日(金)

募集定員になり次第、締め切らせていただきます。

7月末までにお申し込みを頂くと特典がございます

偉大な聖人、聖フランシスコと聖パードレ・ピオを訪ねよう!

このプランのポイント

  • これは、ゆったりした祈りの旅です。(アシジ 4泊、サン・ジョヴァンニ・ロトンド 2泊、ローマ 4泊)
    ローマとアシジは修道院に泊まります。
  • ローマからアシジまで、途中聖フランシスコゆかりの地を訪ねます。
  • アシジ 聖フランシスコのゆかりの地でゆっくりと祈りの時を!
    聖フランシスコ大聖堂、聖クララ大聖堂、サン・ダミアノ修道院、聖人が聖痕を頂いた神秘の山ラ・ヴェルナ山など
  • ロレート 有名な聖母マリアの巡礼地訪問(ナザレの聖母マリアの家が天使によって運ばれてきたという)
  • 聖パードレ・ピオの巡礼地サン・ジョヴァンニ・ロトンドと生誕の地ピエトレルチーナ訪問
    聖人の聖痕出現100年(1918)と、帰天50年(1968)を記念して。
  • ローマ 教皇フランシスコの一般謁見。また、四大バジリカ、コロッセオ、システィーナ礼拝堂など、
    初代教会の信仰のあかしを訪ねます。
アシジ:夕暮れの聖フランチェスコ大聖堂
アシジ:夕暮れの聖フランチェスコ大聖堂

「道の会」では、素晴らしい聖人たちを訪ねる「イタリアゆっくり祈りの旅」をカプチン会のジョンソン神父様とともに企画いたしました。

聖フランチェスコ大聖堂
聖フランチェスコ大聖堂

まずアシジの聖フランシスコ、この方は、『もう一人のキリスト』と呼ばれたほど、キリストに似た者となるように、生涯をかけてキリストの生き様に倣いました。清貧、信仰、神への愛、人々への愛、全き喜びを生きぬいたフランシスコは、いつの時代も、みんなから愛され、尊敬され続けています。

聖パードレ・ピオ
聖パードレ・ピオ

次に、この聖フランシスコに倣ってキリストへの道を歩もうとカプチン会に入られた聖パードレ・ピオ。現代の偉大な聖人として2002年に列聖されました。フランシスコと同じように、ご聖体とミサを信仰生活の中心とし、聖母マリアへの信心と『赦しの秘蹟』を大切になさいました。そのモットーは「祈れ、頼れ、心配するな」だったそうです。

ヴァチカン:サン・ピエトロ大聖堂
ヴァチカン:サン・ピエトロ大聖堂

この二人の聖人の共通点は、もちろんキリストへの愛に基づいたその生き様ですが、さらにご受難にあずかる者として、キリストの五つの傷、『聖痕』をいただいたことです。今年は、聖パードレ・ピオが、聖痕をいただいて100年、帰天されてから50年の記念の年です。

私たちはこの二大聖人のゆかりの地を訪ね、さらにお二人が大切になさった聖母マリアの巡礼地ロレートも訪ねます。

最後は、ローマで『フランシスコ教皇様の一般謁見』に与り、洗礼によって『神の民』の一員としていただいたことを、世界中からの巡礼者とともに喜び、味わいましょう。

皆様のご参加をぜひお待ちしております。

道の会

皆様のご賛同をいただき次第、旅行会社に発注いたします。参加ご希望の方は出来るだけお早めに下記までご連絡ください。
その後旅行会社から、旅行条件書および申込書がお手元に送られます。それらをよくご確認の上、旅行会社までお申し込みください。